糖尿病外来

糖尿病外来

  1. 糖尿病とは

    糖尿病は血糖値が上昇する代謝疾患です。
    血糖値が上昇すること自体が悪さをしますが、糖尿病で一番怖いのは合併症です。
    糖尿病の治療の一番の目的は糖尿病の合併症をいかに食い止めるかということであると言っても過言ではありません。
    合併症には様々なものがありますが、一番大きなものに動脈硬化があります。
    小さい血管の動脈硬化が起こると、神経障害、網膜症、腎機能障害などを起こします。
    大きな血管の動脈硬化が起こると狭心症や心筋梗塞、脳梗塞が起こります。
    糖尿病があるだけでこういった疾患の発症が通常の数倍にもなります。こういった合併症を防ぐこと、そして、合併症があった場合には適切な治療をすることが大切です。
    糖尿病の大部分を占める2型糖尿病(昔の生活習慣病と言われてきた糖尿病)は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が少ないこと、もしくはインスリンは出ていても効きにくい状態になっていることです。
    また、2型糖尿病以外に血糖値が上昇する病態として、特殊な突然発症する1型糖尿病や、膵臓の病気、悪性腫瘍が原因であることもあります。いずれの場合でも、大切なことは早期発見と適切な治療です。
    治療が遅れて進行すればするほど治療は難しく、既に合併症がある場合も少なくなく、患者様にも負担が掛かることになります。
    その逆で、治療が早ければ早いほど治療は簡単なことが多く、合併症も問題にならないことが多いです。
    糖尿病は一度診断されると決して完治をすることはありませんが、適切な治療により血糖値を正常値に近い値に保つことで、通常の人と変わらず天寿を全うできる病気です。次のような場合には、早めの受診をお勧めします。

    • 健診で血糖値の異常を指摘された
    • 以前、健診で血糖値の異常を指摘されていたが、つい受診しそびれてしまった
    • 糖尿病のような症状がある(手足先の痺れ、口喝、多飲、倦怠感、体重減少など)
    • 健診を受けたことがないけど糖尿病が心配
    また、糖尿病に脂質異常症や高血圧などが合併することにより、相乗効果で更に合併症のリスクが高くなります。
    糖尿病に関しては、血糖値を下げる治療以外にも脂質や血圧の管理を同時に行う必要があります。
    当院ではこれらの治療も同時に行っているため、糖尿病でない以下のような方でもお気軽に御相談ください。
    • 健診で高血圧や脂質異常などを指摘された
    ※転居による転医希望の患者様、症状が落ち着いているため総合病院から近医への転医でフォローをご希望の患者様もお受けいたします。
    ※2型糖尿病以外にも、1型糖尿病、妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠、妊娠にあたって内服薬からインスリンへの切り替えをしたいなどの治療も可能です。
  2. 糖尿病の検査
    • 血液検査(血糖値、HbA1c、その他の一般的な採血) 血糖値、HbA1c (2~3か月の血糖値の平均のようなもの)、その他に糖尿病に合併しやすい脂質異常症、甲状腺疾患、膵臓疾患などのスクリーニング項目を含む採血検査をします。結果は翌日以降に出ます。
    • 尿検査 糖尿病の診断や、緊急事態の状態(糖尿病ケトーシスやケトアシドーシス)にないかを判断するため、院内で検査をし、当日結果をお知らせします。
    • 心電図 糖尿病の病歴が長い場合、気付かないうちに狭心症や心筋梗塞を起こしている場合があります。状況に応じて必要な場合、初診時に院内で検査します。
    • 合併症の検査など(腹部エコー、頸動脈エコー) 糖尿病の診断となった場合、また、脂質異常症のある患者様について、頸動脈エコーを行い動脈硬化がないかを検査します。
      頸動脈の動脈硬化は、心臓の冠動脈の動脈硬化と関係があり、頚動脈エコーにて動脈硬化があった場合、冠動脈の狭窄(狭心症や心筋梗塞の原因)がある可能性があります。
      頸動脈エコーを予約で行い、冠動脈の動脈硬化や狭窄が疑われる場合は後日他施設での詳しい検査が必要になる場合があります。
    • 腹部エコー 糖尿病の発症や増悪の原因として、膵臓疾患や悪性腫瘍が原因であることがあります。それらの病気の除外のため、精査をしたことがない場合はお腹のエコー検査をします。
    • より詳しい検査(CT、MRIなど)が必要な場合は検査紹介も可能 腹部エコー検査では、人によって見にくい臓器があったり、エコーでは十分評価できない場合があります。
      また、年齢や症状により、糖尿病の原因として悪性腫瘍を必ず除外する必要があることもあります。
      このような場合、他施設にてCT検査をお勧めする場合があります。
  3. 治療

    糖尿病の治療には①食事療法、②運動療法、③薬物療法があります。

    1. 食事療法

      最も一般的な2型糖尿病の場合、検査結果やその時の状態にもよりますが、まずは食事療法のみ、もしくは食事療法に加えてお薬を一種類から始めることが多いです。
      2型糖尿病で一番大切なのは食事療法ですが、最近では様々なダイエット方法や食事療法の情報があり、誤った方法で行うと、せっかく頑張っても効果が得られなかったり、逆に身体に害を及ぼすことがあります。
      まずは、個人にあった適切な食事内容を把握することが大切です。
      当院では、糖尿病の患者様には初診時に管理栄養士による栄養指導の予定を組ませていただきます。
      診察に併せて継続して指導を受けることも可能ですし、糖尿病のコントロールが良くなった後でも、気になることや栄養面で相談したい場合は適宜指導を受けることが可能です。

    2. 運動療法

      適度な運動は血糖値の上昇を抑えます。
      食事療法に加え、運動療法を行うことでより良好な血糖値を保てます。
      運動療法と言っても、散歩や軽い筋肉トレーニング程度で十分です。
      ただし、糖尿病患者様の中には運動療法に制限を設ける必要のある方もいます。当院では医師の診療と併せ、適切な運動療法の指導を行います。

    3. 薬物療法

      食事療法や運動療法でも効果が得られない場合に大切なのは、必要な時に適切な薬物治療をすることです。
      糖尿病の方はもともとインスリンが分泌されにくかったり、インスリン分泌は十分あっても効きにくい体質の場合があります。
      その際は、個人の病態にあったお薬で手助けをすることも一つの手です。
      糖尿病の内服薬は昔と比べ様々な種類のものがあり、患者様の病態や生活に合わせた選択が可能です。
      また、通常の内服薬では効果がない場合や、特殊な糖尿病の場合、あるいは糖尿病の病歴が長い場合などでは、インスリン注射による治療が必要になることもあります。
      インスリン注射に関しても、最近では注射針が細くなったり、注射し易い形状になったり、低血糖を起こしにくい製剤など、様々な種類のものが発売されています。
      それぞれの患者様に合ったインスリン製剤、投与方法を選択します。当院では外来でのインスリン導入や調整も可能です。

    もちろん、治療薬は必要最低限であるのが一番です。
    それを実現するには、適切な食事療法と運動療法が必要です。食事や運動によって血糖値が改善してきた場合には、一度薬物治療を開始した方でも適宜お薬を減量や中止をすることもあります。
    インスリン注射に関しても、必要に応じて回数や量を増やしたり、逆に減らす場合もあります。
    当院の治療方針としては、同じ治療を続けるのではなく、診察毎に患者様の生活環境の変化や検査値を参考にして、治療内容で改善できる点がないかを常に見直し薬剤調整を行っていきます。
    また、糖尿病の内服薬は様々なものがあります。血糖値を下げるだけでなく、食欲を抑制するもの、体重を減らすもの、合併症を防ぐのに効果があるものや、その他の疾患に効果があるものまで、昔と比べると治療の幅が広がっています。
    ただし、その反面、治療費が高くなることも事実です。
    当院では必要なお薬を処方させていただきますが、経済的な理由からなるべく最低限の治療を行いたい、逆に多少治療費がかかってもいいから自分に一番合った治療をしたいなど、患者様と御相談しながら可能な範囲で治療を組み立てていきます。
    昔から内服してきたお薬に関しても、どうしてこのお薬を飲まなければいけないのかなど、素朴な疑問も御相談いただければその都度ご説明させていただきます。
  4. 心理療法

    糖尿病の患者様の中に意外と多くいらっしゃるのがストレスなどを原因とした不眠や過食などを訴える方です。
    ストレス、不眠や過食は糖尿病コントロールの増悪因子です。
    当院は心療内科・精神科を併設しておりますので、ご希望の患者様は心療内科・精神科の受診や臨床心理士によるカウンセリングを受けることも可能です。当院ではこれらの包括的なフォローを行っていきます。
    また、糖尿病の診療をきっかけに他の病気が見つかる場合や、なかなか外来治療では糖尿病が改善しない場合もあります。
    治療が遅れると一大事になる場合もありますが、その様な場合には迅速に総合病院などへの御紹介もさせて頂きます。
  5. 治療後のフォロー

    糖尿病は、残念ながら一度診断されると決して完治することはありません。
    治療によって血糖値が正常になることもありますが、糖尿病が治ったわけではありません。
    どんなに血糖値が正常に近くても、食生活が乱れたり、感染症などが原因で血糖値が再度上昇したり、増悪することがあります。
    血糖値が高い状態を続けると合併症が進行しますが、恐ろしいことに、よほどのことがない限り、血糖値が少し高いだけではほとんど自覚症状がありません。
    入院が必要な場合でさえ、全く症状がないこともあります。
    血液検査で血糖値を測ることにより、糖尿病の良し悪しを把握できます。
    そのためには、1~3か月ごとの定期的な受診と検査を受け続ける必要があります。
    当院では、患者様の状態に合わせて定期的な血液検査と外来フォローを組ませていただきます。
TOPへ